人間いくつになっても新たな道へ踏み出す時が来るby 美輪明宏

こんにちは。

二日前から暖房を使用したたなかです。
それまで少し寒くても我慢していたのですが、
とっても我慢ができなくなったので使用することにしました。
なんだか寒さに負けた気分(笑)
身体も慣らして、冬の準備をしなきゃですね。

では、本日の名言です。

人間いくつになっても新たな道へ踏み出す時が来る。
それまでの苦労や人生体験はその時ための基本教育。

美輪明宏

=======
たなかの解釈
=======

a1180_016477

ある程度の年齢になり、失敗や後悔することが起きると、
『もう自分はダメだ』となってしまう。
なぜなら、年齢が年齢だから…と。

ボクも同じように、『何でこうなるの?』という
失敗を何度もしてきた。

その都度、『今まで何をやってきたのか?』
『これまでの人生何だったのか?』
と考えてしまうことがあった。

確かに、『こんなことをやりたい!』とか、
『この目標を達成したい!』
『この夢を叶えたい!』
そういったことって、今の自分が叶えたいことだ。
だから、そこに数年かかって失敗したら、
『今までの時間、人生は何だったのか?』
と考えてしまうのも無理はない。

20代で思ってた目標や夢は、20代の自分だからこそ、
今の自分だからこそ叶えたい。
それが崩れると落胆する。

そうやってボクは40代の半ばになった。

確かに20代で叶えたいことは、できなかったことが
山ほどある。
30代でも同じ…。
でもボクは、20代、30代では浅はかに考えていた夢や目標が、
40代になり、その夢や目標が変わったかというと、
そうではなく、さらに深い夢や目標に進化していった。

苦労や人生経験が大人にさせてくれ、
その夢や目標を、確実に手に入る知識や考え方が備わってきた。

夢を叶えるのに年齢は関係ない。
『新たな道に進もう!』
そう思った時から、いつでも変わることができるのだ。

余計なものは、、、
『変に凝り固まった既成概念』のみ。

どうせ長い人生経験を生きているのなら、
プラスになるような発想、周りも明るくなるような
発想を常に持っていたい。

それには、過去の失敗や苦労も
今の自分にはプラスになっている。
そう考えることが一番だ。

では、今日も良い一日を!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする