山が大きければ大きいほど… by 栗城史多

こんばんは。

先日の寝不足から、眠いのに寝れない状態が続いている田中です。
ウトウトしたいなーと思ってきた時、寝るチャンスなんですが、
そんな時に限って寝ちゃダメな時。
『もう寝ても大丈夫だぞ』って時に眼が冴えている。
以前ならどこでも寝れたんだけどなー。
そういう年齢になってきたってことなのか…(苦笑)

では、本日の名言です。

山が大きければ大きいほど、
自分に小ささを感じてしまうが、
同時にそれに合わせて
大きくなろうとする自分もいる。

栗城史多

=======
たなかの解釈
=======

a1380_000860

自分にできないことを、やってのける人は凄いと思う。

でも、同時に『自分もそうでありたいなー』という願望も出てきたりする。

小さいころ、きっと誰もが大きな夢を持っていたと思う。
ボクだったら、、、
プロ野球の選手になりたい!
F1レーサーになりたい!
そんなことを思ったりした。

大人になるにつれ、だんだんと『自分には無理かも…』という
気持ちが出てきて諦めるようになる。

そして、もっともっと大人になってくると、
『夢』というものを持つのではなく、『目先のこと』だけを考えるようになる。

目先の起きてることだけを、こなすのももちろん大事。
けれど、将来のことに夢を持って動くことはもっと大事。
なぜなら、それがあるから人間成長できるのだから。。。

『成長』というのは、階段のように上がっていくと考える人が多い。
『一歩一歩成長できるのだ』と。。。

ところが、残念ながら成長というのは一歩一歩ではない。

何も考えてない人は、上がっていくのではなく平行線だ。
何かを考え、行動している人が初めて成長する権利を得る。
でも、権利を得ただけ。

そこから急速に成長する方法がある。

『大きな夢を持つ』ことだ。

見栄を張って、大きく見せろという意味ではない。
大きな夢を持って、それを実現させると決めて動くから、
今の自分が『小さい』ということに気づくし、
そこを解決していこうと、行動するようになるし考えるようにもなる。
また、勉強するようにもなる。

小学生のころのように、大きな夢を持っていいのだ。

その夢を叶えるために生まれてきたのだと思うから。。。

では、今日も良い一日を!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする