外的要因で盛り上がる人、内的要因で盛り上がれる人

こんにちは、たなかひろゆきです。

毎日40分歩いています。
雪もなく、ちょうど良い気温なのか
快適に歩けてます。

夏の暑すぎる時、冬の寒すぎる時、
どうなんだろ…?なんてことを思ったりもしますが、
まぁ、とりあえずどうにかなるでしょ(笑)

さて、今日のブログは
『外的要因で盛り上がる人、内的要因で盛り上がれる人 』
というテーマで書いていきます。

『モチベーション上がったー!!』
なんて言葉を耳にしたりします。

ボクも以前よく使っていた言葉です。
かなり昔ですけどね。

例えば、何だか気分がノラないなーって時、
営業の話で、ちょっと良い話がきたりすると、
一気にモチベーションが上がる。

もう最高な気分になる。

そうなると周りが見えない。
自分だけが有頂天だ。

だけど、時間が過ぎると、またモチベーションが下がる。

今度は、友人がご飯をご馳走してくれるという、
一気にモチベーションが上がり有頂天になる。

そんな毎日を過ごしていたある日、、、

良いことがパタリと起きなくなった。
何だかモチベーションが上がらないまま数日が過ぎる。
『あれー、何だか気分がノラないなー。良いことも起きないし…。
 なんか良いこと起きないかなー…』
と思うだけで、やる気が出ない。
やる気を出したくても動けない。

こんな経験ありますか?

やる気を出したくても何だかやる気が出ない。
やる気も出ないから動くことも出来ない。

そう、このままじゃ動けない。
なぜなら、今までが外的要因で動かされてたから。。。

自力で動こうと思っても動けないんだ。

今までが外的要因で動かされ、ポンポンと上手くいき、
いざそうなってしまった時、自力で動くことができない。
なぜなら、一気に変わるという気持ちがどこかにあるから。。。

ここで気づかずにいると、その状態が長く続き、もがき苦しむ。

外的要因で動くのは悪いわけではない。
でも限界がある。
ある程度のところで止まるということだ。

そこで大事になってくるのが、
内的要因で盛り上がれるようになることになる。

内的要因とは、だれがどうしてくれたとかじゃなく、
自分で自分を盛り上げれるようにすることだ。

外的要因は、誰かがかまってくれてるうちはいい。
けれど、誰もかまってくれなくなった時、
アナタの行動も止まる。

内的要因は、自分だけで良いのだ。
自分が自分をコントロールする。

『えっ?そんなの当たり前じゃないの?』

と思うかもしれないが、そんなことはない。
だいたいの人が外的要因で動いている。

誰かに何かを言われて気にし過ぎたり、、、
誰かが買ったブランドバッグを見て羨ましいと思ってみたり、、、
誰かが結果を出したら『なぜ自分だけこうなんだ…』と
悲観してみたり…。

すべて外的要因でそうなっている。

ボクは、ある時から一人でいる時間が好きになった。
a1370_000292

それは、一人でいる時間を多くすることで、
ボクの場合はモチベーションを上げれるからだ。

と言ってるが、、、

もともとのボクはそうじゃない。
思いっきり外的要因で動いていた人間だ。
言ってみりゃ気分屋だ。
誰かが盛り上げてくれれば頑張れるし、
誰かが休んでいたら自分も休んだほうが
いいのだと考え、休んでいた。

ところが、それではダメなことがわかった。

だからボクは、一人にあえてなってみた。
そうすると、最初のうちはとっても孤独感いっぱいで、
そわそわする。
でも、一人だから誰かがどうしてくれるわけではない。

そこで初めていろんなことに気づく。

そこからすべては始まっていく。

長くなってしまいそうなので、
続きをまた書きます。

では、今日も良い一日を!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする