始まりが悪ければ終わりも良くない

こんにちは、たなかひろゆきです。

昨日は、台車に足をぶつけ、痛くてどうしようもなく、
今日も大丈夫か?とちょっぴり心配してましたが、
湿布の威力か、そもそも大したことなかったのか、
朝には痛みが消えて、普通に歩けるように回復しました!
まだ少し腫れてはいますが、動かすことに問題なしです。
ということで今日も歩きました40分(笑)
さて、今日は『始まりが悪ければ終わりも良くない』
というテーマで書きたいと思います。
何でもそうですが、出会いがあってすべてが始まります。

a1370_000136
何か知らないうちに…ってことはないわけです。
出会いがあれば別れもある。
これは良く言われてることですよね。
そう、出会いがあれば別れもあるわけです。
その別れというものは、なるべくスマートなほうがいい。
何だかドロドロした感じで後にも引きずって…というのは
精神的にもとっても疲れます。
なので、『別れる』という重い決断をしなくてもいいように、
予めわかっておくと楽なわけです。
あっ、男女間だけではないですよ、別れって…。
友人関係だったり、仕事関係だったり…もあります。
今まで全く気にしたことがなかったのですが、
経営者になり、たくさんの人と面接したり
出会ったりすることで、あることに気づきました。
それは『始まりが悪ければ終わりも良くない』
ということです。
どういうことかというと、
例えば、こんなことが過去にありました。
面接をして、採用することにした男性がいました。
車通勤は、基本ダメだったのですが、
その方は、出社当日に車で通勤してきました。
何かの事情があり、車で来たことを言ってくれてたなら
まだ良かったのですが、駐禁ではない建物の周りであれば
問題ないと勝手に判断したのか、自身の車を停めていたわけです。
そうすると、借りてる店舗の大家さんが、ボクのところに連絡してきて、
『田中さんのところの車かい?あそこに置いてあるの?』と言ってきた。
『えっ?そんなところに車停める人いないと思いますけど、
 確認してみます』
確認してみると、、、
今日から出社している男性の車。。。
『あれ?何で乗ってきたんですか?
 あれだけダメだって言ってたのに…』
『すいません、この辺で月極駐車場借りようと
 思ってるので、それまでいいですか?』
と言ってきた。
『それなら何でそう先に言ってくれないんですか?』
『すいません…』
車通勤をしたいようだったので、とりあえず数日間
停めることを許可しました。
その後、その人は、なんだかんだと仕事も頑張り、
周りにも、ボクも信頼出来る人になりました。
ところが、、、
物をこまめに盗んでは売り、盗んでは売り…
ということをやっていて、結局は辞めていくことになりました。
というか、辞めてからそういった証拠が出てきたんですけど…。
それ以外にも似たようなことがたくさんあります。
そこにはすべて関連性があります。
それは『始まり悪ければ終わりも良くない』ということです。
あれれ?
と思うことが最初の頃から多ければ、
終わりもスムーズじゃない。
ボクは、そう思っている。
『一生のお願い』と使う人は、もっと危ない(笑)
やはり、ルールで決められたこと、
約束をしたことは、守らないとね。
もし、守れない事情が発生したら、その理由を先に言わないとね。
勝手に判断して勝手にやってる人は、間違いなく終わりも良くない。
では、今日も良い一日を!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする