目指すべき山を決めずに歩くは、さ迷うに等しい by孫 正義

毎日のお風呂が楽しみなたなかです。

最近、とっても寒くなってきて、暖房のスイッチを今にでも
押してしまいたい気持ちになっているのですが、
今のところ大丈夫です。
なぜなら、お風呂に入って温まっているから(笑)
さて、いつまで暖房つけずにいられるだろうか。。。

では、今日の名言です。

目指すべき山を決めずに歩くは、
さ迷うに等しい。

孫 正義

=======
たなかの解釈
=======

『石橋を叩いて渡る』という諺がある。

用心の上にも用心をする。という意味だが、
これがまた都合良いように使われたりする。

例えば、決断できない自分がいた時に、
『ボク、石橋を叩いて渡るタイプなんで…』と言ってみたり。。。

ボクもよく使っていた。

でも、それは迷走しているにすぎなかった。
迷いがある時、人はなかなか決断できないものだ。
あーしたほうがいいかもしれない、こうしたほうがいいかもしれない。。。

そう考えているうちに、更なる迷いが出てくる。
結果、決断できないまま終わる。

『こうなったら、こうできるのにな…』
『こうなったら、こうしていこう…』

そう誰もが思う。

けれど、なかなかうまくいかないもんだ。

ボクは、タバコをやめて8年くらいになる。
もう吸いたいとも思わない。
それまでは、ずっと吸っていたタバコだが、
過去に何度もやめようと思ったことがある。
しかし、やめれなかった。

なぜか?

『タバコをやめよう!』と本気で決めてなかったから。。。

『この一箱吸い終わったらやめようかな…』
『よし、夜中の12時になったらやめよう!』
『食後に一服してからやめようかな…』

など、たくさんの『これができたら…』ということを
判断材料にしてきたことで、やめれずにいた。

でも、いまボクは8年間タバコを吸っていないし、
これからも吸うことはない。

なぜやめれたか?

『タバコを今すぐやめよう!』

そう決めたから。

目指すものがあるから、それに近づけようと努力する。
でも、『○○が手に入ったら、これをやる!』など、
何かができてから…という理由だと一向に叶うことがない。

すべては、目指すことから…
決断するところから…始まっていく。

では、今日も良い一日を!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする