『自分を美化するな!』 仕事を教えてくれたある上司の言葉

こんばんは。

世間では三連休ですが、いかがお過ごしでしょうか?
ボクは、とってもビールが飲みたい気分で、
『飲みに行こうか…?』と一瞬考えましたが、
やるべきことがあるので、自宅に戻ることにしました。
帰り道、何度もコンビニで『缶ビールを…』と頭によぎりましたが、
誘惑に負けず帰ってきました(笑)

では、今日の名言です。
『自分を美化するな!』
仕事を教えてくれたある上司の言葉

=======
たなかの解釈
=======

仕事をし始めた時、間違いや失敗をしてしまう。

当時ボクは20歳だった。
普通の人より世間をナメていたというのか、
世間知らずだったボクは、一般常識というものを良く知らなかった。

例えば、専門学校時代、18時からバイトだというのに、
ボクの中では、18時頃、18時台に行けば良いと勝手に考えていた。
ある時は18時10分、ある時は18時30分…。
注意されて初めて気づく。
『あー、18時にバイトって18時前には来てないとダメなのか…』と。。。

右も左もわからない状態だった。

そんなボクが、物を売る仕事に挑戦してみる。
不思議なもんで、初めて物を売るのに売れてしまったりする。

思えばギャンブルもそうだった。
パチンコも競馬も初めてやった時は勝ったもんだ。。。

ところが、その売れたはずだった物は、次の日にキャンセルになる。

売れたと報告した時、凄く喜んでくれたし、
凄く褒めてくれた上司がいた。

ボクは、キャンセルになったことを報告できずにいた。
むしろ、このまま時が流れないかと思っていた。

しかし人生そんなに甘くはない。
数日経った頃、その喜んで褒めてくれた上司が経過を聞いてきた。
『そういえば、その後どうなった?』と。。。

ボクは、結論を言わず、長々と事の経緯を話し始めた。
おそらく『ボクは悪くないよ…』と言わんばかりの言い訳をしていたのだろう。

『自分を美化するな!』
と、あの優しく喜んで褒めてくれた上司が一喝した。

『あれ?オレって美化していたんだ…』
と、言われて気がついた。
とっても自分が情けなくなった。

確かに、言い訳をしていた。
自分は悪くないように説明をしていた。
悪いのはお客さんで、ボクではないということを
必死で説明していたのだろう。

そこで、あの優しく喜んで褒めてくれた上司が
一喝したのだ。

言われた時は、とっても嫌だった。
そりゃーボクだけじゃなく誰でも嫌だろうと思う。
けれど、言われたことで、ボクは変わり始めるきっかけにもなった。
そういう意味ではとても感謝している。

その一言が、今の自分の礎になっていることに間違いないのだから…。

では、今日も良い一日を!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする