目先の勝ち負けにこだわるな

いつもより早い春が来たなーと薄着をしていたら…
今日は寒くて寒くて。。。
風が強かったからか、余計に寒く感じたなー。
まだまだ油断しないほうが良さそうです。

こんにちは、たなかひろゆきです。

今までまったく気にしたことがなかったのですが、
冬になると、、、というか、乾燥時期になると、
肌がカサつくようになってきました。

今は手がひどい。
年齢とともに水分が無くなってきたのかなー(苦笑)
今となっては、ハンドクリーム、ボディクリームっていうのかな?
身体にもつけれるやつね。
それがボクの必須アイテムです。

さて、今日は『目先の勝ち負けにこだわるな』を
書きたいと思います。

小学校の時、かけっこが速い同級生がいた。
a1220_000012

その彼にはどうやったって負ける。
『あー、オレは運動神経がないのかな…』
と思ってしまう。

中学生の時、同じようにバカなことをやって、
同じように遊んでいた友達が、テストになると
点数がメチャクチャ良くて、ボクはメチャクチャ悪い。
『あー、オレって頭悪いんだな…』と思ってしまう。

他にもまだまだたくさんある。

それは高校生になっても、専門学校に行っても
社会人になっても、おんなじように劣等感を感じてしまう
場面に遭遇した。

でも、それって、その時の勝ち負けで見てるし
勝ち負けで決めてるから。。。

確かに、勝敗にこだわったほうが良いという
場合もあるとは思う。
けれど、ボクの結論から言うと、勝ち負けで判断しない、
それで決めてしまわないということ。

勝ち負けで見てるとさー、なんか気持ち悪いんだ。
特に仕事だったりすると…。
『あそこ(ライバル企業)が、こんなことやってます』
『おっ、うちも負けてられないな。それ以上のことをやろう』

これって当たり前の感覚を持ってるかもしれないけど、
とってもおかしいことだ。
そんなこと言ってる人に限って『ウチはオンリーワンを目指してる』
『ウチはオンリーワンだから…』とか言ったりする。

でも、相手を気にしている以上、オンリーワンではない。

マイペースという言葉がある。
自分のペースでやりたい時に使う言葉だけれど、
これってどちらかというとマイナス的にとらえられる。

でもね、最終的にどうなりたいか?ってのが
決まってる人は、マイペースでやったほうが絶対に良い。
なぜなら、周りに惑わされたり、勝ち負けで見てると、
見誤ってしまうから。。。

仕事って、なんでしてるんだろう?
『いやいや田中さん、生活のためですよ』
って言う人がいるかもしれない。
確かにそうだ。
仕事をしてお金をもらい、そのお金で必要なものを
買わなきゃいけないんだから、お金にするためには
仕事をするしかない。

でもだ、、、
ずっと歳を取ってからも、今と同じように仕事ができるだろうか?
体調が悪くなって寝込むことが多くなったときに、
仕事は続けられるのだろうか…?

そんなことを考えた時、本質的なことがわかってくる。

目先の勝ち負けにこだわっていると、
その本質的な部分がわからないままだ。

このブログで、何度もウサギとカメの童話の話を
しているが、ボクは、とっても大事だと思っている。

ようは、最終的にどうなっていればいいか?
そこだけにこだわってればいいわけで、
誰がどうとか、どうしたとか関係ない。

例えば、いまとっても華やかで目立っていて
周りから注目を集めている人がいたとする。
目先だけでの話しだと、『いいなー、羨ましい。オレもあーなりたい』となる。

でも、それがずっと続くのか?というと、
それはわからない。

目先の勝ち負けにこだわっていると、
ただただ慌てふためいて、焦るだけだ。
焦ってやっていいことはない。

自分の最終的なゴールはどこにあるんだろ?
そこから計画を立てていくと、周りに流されることはない。

アナタはどんな人生がいいだろうか…?

では、今日も良い一日を!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする