ストレス解消の一つ、一人時間を持つこと

こんにちは、たなかひろゆきです。

今日はとっても天気が良く、暖かい札幌でした。
過ごしやすい最高な日。
最近、早起きで、日が差してくる瞬間が好きです。
何だか気持ちがいい。
眠いという感覚が無くなり、『やるぞー』って気分になる(笑)
なんだか止められなくなりそうです。早起きが…。

さて、今日のブログは
『ストレス解消の一つ、一人時間を持つこと』
というテーマで書きます。

ストレスが溜まったらどうします?

カラオケに行って歌って発散。
a0001_015243


食べ放題の店に行って、思いっきり食べる。

飲みに行ってグチを聞いてもらう。
などなど、人それぞれあるかと思います。

ボクは、カラオケで歌うと発散できたように思います。
あと、グチを聞いてもらいたいわけじゃなく、
飲みに行って人と話してるだけで発散できたり…。

でも、ある時期から、一人時間を持つことで
発散できるようになりました。
というよりも、むしろ一人時間を持ったほうが
発散できてるように思います。

経営者になってからだからかもしれませんが、
グチを聞いてもらったところで問題は解決しない。
大声で歌ったからと言って、問題は解決しない。

結局、問題解決させるためには、
何かの策を考えなきゃいけないわけで、
その何かの策を考えるために、一人時間を持ったという感じ。

一人時間を持つことでのメリットはたくさんあります。

まず、頑張りすぎて疲れてる人は、
周りの人に気を使いすぎてたり、気にし過ぎたりしている。
他人と比較したりね…。

比較してると、妬み嫉みがあったり、
いろいろと面倒なことがあったりするわけで。。。

そんな症状が出てきたら、一人時間を作ったほうがいい。

そして一人時間を楽しむ。
一人時間は最高。
誰にも邪魔されないから。。。

その誰にも邪魔されない時に、素の自分に戻ってみるわけ。
『本当は何をしたかったのか…?』と。。。

『オレ、疲れてるけど、これを望んでいたのか…?』と、
自問自答する。

そうすると、本来自分がやりたかったことが
わかってきたり、見えてきたりする。

時間というのは、長いとも感じる時があるけれど、
あっという間と感じることのほうが多い。

ボクなんか、20代後半の時、
『45歳ってオヤジだなー』と思っていた。
そのオヤジだなーって思ってた年齢に今なっている。

45歳になった今、オヤジだなーなんて思ってない。

けれど、そんな感覚で60歳になっている自分がいる。
あと15年で60歳だ。

早いぞーきっと。

でも、それは仕方ないことだ。
時間は誰もが平等に与えられたもので24時間しかない。
残念ながらボクだけ30時間にはならない。

ただ、一つわかっていることは、
あと15年で60歳になるということ。

これを黙って過ごしているわけにはいかない。

だからボクは一人時間を多く持つことにした。
一人時間を持つと、リセットすることができる。
何をリセットかって、周りに流されて判断できなくなっている、
その心をリセットしてくれる。

平常心に戻してくれるわけだ。

平常心に戻すと、良い判断ができるようになる。

ただ、注意事項が一つある。
一人時間を持つには、デメリットもある。
詳細は明日に書く予定だけれど、デメリットを先に伝えておくと、
自分自身を持ってない人が、一人時間を持つと堕落する可能性がある。
ということを言っておこう。

詳細は明日にでも。。。

では、今日も良い一日を!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする