インプットとアウトプットを同時進行させる

おはようございます。

右手の中指の指先、ちょっぴりあかぎれ状態。
こういうのって、けっこう痛いですよね。
ホントちょっぴり切れてるだけなのに
スマホの画面に触れるだけでも痛かったりする。
ハンドクリーム塗って保湿しないとね(笑)

さて、昨日まで数日に渡って書いてきた
『0から1歩踏み出せないのは何だ?』は
とりあえず終わりにして、次のテーマを。。。

と言っても0から1歩動くための内容ではありますが…。

今日は『インプットとアウトプットを同時進行させる』
について書いていきます。

ボクは、勉強というのが苦手だった。
『だった』と過去形にしていいかわからない。
いまも苦手かも。。。

勉強というのは、先生が前で話し、黒板に書いたりする。
それをノートに書いたりして復習するのに使う。

a1180_004590

というのがボクの勉強のイメージ。
だいたい、勉強が必要だと思ってなかったから
授業を聞いてもいなかったし、ノートに書くなんてことも
滅多になかった。
ましてや、復習なんて以ての外。
やることはなかった。

それでも社会人になり、『自分に必要だ』と思うことは、
勉強するようになった。
勉強嫌いが勉強好きに変わった瞬間だ。

勉強会やセミナー、本、、、
どれも凄いなーと思うことばかり。
学校に行ってた時に、やったことなかった
黒板(勉強会やセミナーはホワイトボードだった)に
書かれたことを、必死にノートに書きまくった。

『今日も良いこと聞いたぞー』

そんな気持ちになってテンションも上がる。

しかし、だいたい次の日には忘れてる。

でも、インプットしていると、勉強していると、
『やった気に』なってしまう。
あれだけノートに書いたのに見ることもない。
なぜなら、次から次へと新しいことを学ぶから、
過去に学んだことを復習している余裕がない。
いや、そういう時間を作っていなかった。

いつしかインプットすることばかりで
頭でっかちになっていった。

良い結果になったのか?

頭でっかちになってるだけで、
行動ができていないから、状況変わらず。
そんな結果だった。

明日に続けます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする